FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マルジナリア 山本じん」

 25, 2016 23:57
1601252.jpg

(山本じん 「聖湯女」 売約済み)

「マルジナリア 山本じん」 本日終了しました。

たくさんのかたにご来場いただき、
ブログの更新がまったく追い付かず、申し訳ありませんでした。

1601251.jpg

(山本じん 「アニマとアニムス」)

見慣れているはずの作品も、光や壁の色、隣に並ぶものによって、
伝わってくるもの、見えてくるものが大きく変わることを知りました。

銀筆で描かれた大作「アニマとアニムス」は、
この作品が本来持つテーマや空気感が、乙女屋の空間にとても似合いました。
山本じんさんにも、「ここによく合っている!いいね!」と褒めていただきました。

神々しさを放つ作品の心地よさに、何度も足を運んでくださった方もいました。

160114djin.jpg

(山本じん 作 「アニマとアニムス」・部分)

今回は、作者の山本じん氏は会期中ほぼ毎日滞在されていました。
トークイベントやお客様とのお話の中で、何度も繰り返しおっしゃっていた印象的な言葉。

「空気を描きたい」

「アニマとアニムス」からは、清らかな風が流れているかのようななにかを感じます。
自然光と壁の色、天井の高さによる余白とのバランスが調和したことにより
作品の世界観とエネルギーをよりダイレクトに感じることができます。

お客様からのご要望が多く、(ありがとうございます!)
イベントは本日で終了しましたが、
しばらくの間、この作品は継続して展示させていただけることになりました。

光が射しこむ午後の時間、
日が暮れて、装飾的な年代物照明にぼんやりと照らされる時間。
窓辺に飾った鉢植えのジャスミンは、
日々花を広げ、甘い香りで小さな空間を満たす。
美術館やギャラリーとは少し違ったそれらのシチュエーションが
絵と調和することで


絵画がもつ力の強さ
美しいものに触れる心地よさ
空間との調和の中で感じてもらえる新鮮さ

を改めて発見できたような気がしました。

言葉にすればありきたりかもしれませんが、
これらを実感できる経験は、なかなかないと思います。

ぜひ、乙女屋でのこの展示を、一人でも多くの方に見ていただきたいです。


160125.jpg

山本じん氏の作品のエネルギーと調和しながら、
美しく朽ちたチューリップ。

展示は終了し、28日からは、SHOPでの営業を再開します。
通販では、古物も紹介していきたいなぁと思っています。
更新予定の品々。

1601253.jpg

1601254.jpg

美しい絵、心地よい空間で、
年代物の小物たちと向き合う。
どうしようかしら、と考えながら、空間と絵に再び目をやり、
そこにある美しさに自分も少し、一体化できるような時間。


このような時間を、ずっとずっと求めていた。

そんな空間を作ることができたように感じています。

ご協力くださった皆様、
ありがとうございました。


これから、より襟を正して、店づくりをしていきたいと思います。







スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。