スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初夏の和骨董】 無事に終了いたしました。

 04, 2014 00:19
140803kingyo.jpg

かわい金魚さんから本日 追加納品!

ひまわりのコサージュ ちいさなお花のブローチ2点
和柄の花冠♪ 近々通販アップします☆

140803kingyo2.jpg

金魚さんの巻き薔薇付 巾着★
ビンテージのうさぎが 双子になってちいさな天使の箱に
金魚さんのお花と一緒に閉じ込められたオブジェ。
金魚さんのオブジェ、好きすぎるので、
大好き!大好き!!!

上のほうに埋もれているのは、金魚さんの小花のタルトブローチ。
こちらも大好きです。

近々更新しますので、お楽しみに。

140803kingyobelle.jpg

わかりにくくなってしまいました。
こちらも永遠に好きなのではないかしら、
本当は、ぎっしりこればかり並べたい!
かわい金魚さんの薔薇の瓶詰。
こちらは、売約いただきました。

役に立つとか、立たないとか、そんな理屈はいらない。

大好き と 心が ときめくか、どうか。

そんな純粋な 少女の心をいつまでも持ち続けてくださる
大人の女性たちが、 小さな乙女屋を 見つけて、
必要としてくださる、そのことに、 泣けてくるような雨の日曜日でした。

周囲にぐるりとあるのは、
こちらも本日入荷の Belle des Poupee作品。

いままで届いたもので一番豪華だと思います!
薔薇が6つもついて、いちごも すみれも・・・の花冠!
本日入荷ですが、ありがたいことに、こちらは店頭で売約いただきました。

ありがとうございました。

140803kingyo1.jpg

こちらもすでに売約済み。 本日 入荷いたしましたBelle des Poupee ローズブーケミニヘアクリップ
ブルーとピンク。
ころん・・・・ふわん・・・・・♪
たまらない 薔薇のブーケ。
リボンのあしらい方も、天才!!!!としかいえない、
Belle des Poupee さん、生まれてきてくれてありがとう!
と心で叫びながら、 このお花たちは、たくさんの方を幸せにしてくれました。
上記画像は、夜に撮影で、色がもっと本当はすばらしいのです。

140803bellemodel.jpg

明るい時間に 作家のスズランピアノちゃんが乙女屋ナイティー(→詳細へ)を試着してくださって、
そして、Belle des Poupeeさんのローズブーケミニヘアクリップを試着された画像を、
あまりに可愛かったので撮影させていただきました。
シックでほんのりピンクな薔薇と、大きなリボン遣いが
こんなに上品で愛らしくてロマンチックなのに美しいのはなぜ?

・・・・本当に天才ですよね・・・・・。

アンティークレースのチュール襟を真ん中でとめているのは
Belle des Pouoeeさんの 苺のピアス。
ピアスですが、チュールの穴に通してブローチみたいに。
(生地に穴をあけたわけではなく、
糸と糸の間にそっと通しました。
ピアス金具にも支障ないよう配慮しております、
ご安心ください)

苺のピアスは、近々、通販でアップします、
こちらもお楽しみに。

140803bellemodel1.jpg

このアンティークのチュール襟もとってもかわいいのですよね~。
くまさんも 見ています。

こちらはお客様♪
乙女屋ナイティー(→詳細へ)をご試着いただき、
Belle des Poupee作品もご試着いただいた様子が
あまりに可愛かったので、こちらもぱちり★させていただきました。

Belle des Poupee さんのこちらのフラワーガーランドヘッドドレスは
店頭にて売約いただきました。
ありがとうございました。

Belle des Pouoee作品の在庫は現在2点。
苺のピアス と ストローハットボンネット。

更新準備中です。

更新準備完了しましたら、このブログでアナウンスします、
よろしくお願いいたします。

140803kokeshi.jpg
(金田アツ子 乙女こけし詳細へ ・ 桃源郷 アンティーク銘仙のアクセサリー)

夏といえば、 お祭り、金魚すくい、花火、浴衣、かき氷・・・・

実際には人ごみは嫌いだし、浮かれて出かけることはないのですが、
夏といえば、やっぱりそのイメージが思い浮かんで、
でも、それは、現代・・・・というより、古道具屋さんで見かける
ちいさな屋台の陶器のおもちゃや、どこかの本で見た
そんな風景の幻想であったりしました。

私が乙女屋を始めることになった大きな理由の一つに、
吉田キミコさんがオーナーだった時代のカフェ・宵待草との出会いが大きく、
大阪に住んでいる私は、ほんの数回、数年に一回しか行けなかったのだけれど、
そこで店長をされていた金田アツ子さんが初夏の時期になると、
宵待草での個展の案内を、丁寧に送ってくださっていたのも、
そして、どこの馬の骨かもわからない乙女屋のOPEN当初から、
作品を預けてくださったアツ子さんの存在も、
この初夏の和骨董には、実は影響しているかもしれない。

今まで、ずっと憧れてきた人の作品をご紹介させていただいて、
今回、スズランピアノちゃんという若い作家さんが生まれてくれて、
彼女がたくさん宣伝も協力してくれて、
新しい出会いもたくさんありました。

そして、その方が、吉田キミコさんのポストカードを、
「私、これ持っています!」と、関西では乙女屋でしか扱っていない作品をそうおっしゃり、
お話していると、宵待草にいったことがある、と思い出話。

宵待草に行ったことがないという方に、
KIYONDOLLのご本をめくりながら、
あくまで遠くから、あこがれてきた1ファンとして・・・・だけど、
宵待草はこんなお店だった、わたしにとってだけどね、
数回行けたけど、 私には遠くの存在で、
憧れのまま。 私が語る資格など、なにもないのだけどね。
なんて、いろんなお話をした。

そのほかにも・・・・大切に預かった作家さんのお話をしたり、
アンティークのレースのことや、絶版の本を、貸し出したり・・・・
私が、ただ好きで集めていたものが、誰かがとても可愛いと感じてくれて、
知らない世界の扉をあけて、自分らしさの翼を広げようとしている瞬間に
今回は、何度も出会うことができました。

いつか吉田キミコさんが言ってた言葉を思い出した。

お気に入りのアンティークのこと、お母様が来ていたシルクの着物ののこと、
お花のアレンジ・・・・宵待草で若い子たちに、自分の愛しいもののこと、
すべて教えた。彼女たちは、それぞれが自分のものにして作家として立派になった。
そのことが、ただただ嬉しかった・・・・と。


数年に一度、 数回しか行けなかった あこがれのカフェ・宵待草。

オーナーさんが変わられたので、
今は名前は同じでも、あの頃のとは、また違います。

でも、存在を思い出して、自分の大事なものを確認できて、
誰かも大事にしてくれていることが嬉しくて、
そして、そんな何かが、またどこかで 生まれていく・・・

すごくすごく、深く美しいことだな、それにかかわらせてもらえることは、
本当にありがたいことだと、心から 感謝でいっぱいです。

初日に、はるばる東京から、作品を届けてくださったかわい金魚さん、
ぎりぎりに決まったイベントだったのに、無理を聞いてくださった作家さんたちみなさま、
そしてお客様皆様。
なにかと協力くださっている お隣のブティック桃源郷と2Fギャラリーの短篇集さん、
名前を挙げだしたらきりがないのですが、今回、特にお世話になったみなさんに、
改めて感謝をしたかったので、他のイベント等でお世話になっている関係者の方には、ごめんなさい。

みなさま 本当にありがとうございました。


次回 営業は、8月・9月・10月は、
通常納品での通販営業がメインになります。

11月1日~3日は 乙女屋SALON(店舗) 7周年の
アニバーサリーフェアを開催します。

こちらは豪華な展示になる予定です!
いろいろまだ調整中ですが、ぜひ、遊びにいらしてくださいね。


そして、通販は引き続き 今からが本番です!

遠方の皆様、いつも すみません、よろしくお願いします☆











スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。