スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だからこそ 伝えたいこと。

 01, 2014 23:25
10月になりましたね。

今日は、11月1日~3日に開催の ”屋根裏蚤の市”のお仕事で一日が終わりました。
今年から改名して”屋根裏蚤の市”になりましたが、
2011年から、形を変えたりしながらなんとか継続している
”野うさぎ企画”のイベントです。

野うさぎ企画の通信/イベント詳細

今年は、会場を変え、イベントタイトルを変え、参加者も変わり・・・
様々に新しくなります。

2012年、2013年と”野うさぎマーケット”というイベントタイトルにしていたのですが、
新しいお客様が・・・「うさぎグッズがあんまりない・・・・」とがっかりつぶやかれたのを、
何度か聞き、イベント内容と、タイトルが一致していないことを痛感。
楽しみにしてくださるお客様に、がっかりしていただくことは本望ではないし、
出店者の皆様にも申し訳ない。

ということで、ギャラリーが2Fにある特質も考慮し、
アンティーク・ブロカンテ、ビンテージSHOPが中心になることも
タイトルから連想していただきたくて、
イベントタイトルを決めました。

DMimage.jpg

普段、なかなか出会えない素敵なSHOPと、作家さんにご参加いただけました。
百貨店や骨董祭には、たくさんのお客様がいらっしゃるし、
東京だとなおのこと、いいお客様がいらっしゃいますね。
地方のお店でも、いいお客様に出会えるなら・・・とたくさんの経費と人を雇って、出店されます。
だから、いいお店がたくさんそろうのですよね。
好きでやっている仕事でも、反応が少なかったら・・・・
続けられないものです、残念ながら。

でも、大手のイベントにでているお店だけがいいお店でしょうか?
いいお店はすべて大手にでなければ、必要としてくれる方に出会えないのでしょうか?

乙女屋も一時期、百貨店祭事に出店させていただきましたが、
今年からはすべてやめました。
別の出会い方を目指したいと夢見たからです。

もうすぐ7周年を迎える今は、
数少ないけれども、わかってくださる貴重な顧客様のおかげもあり、
そして、WEB立ち上げからは14年・・・・
ずっと見守ってくださるお客様 (がいるってすごいですよね!こんなに世の中にはWEBサイトがあるのに!)
出会った時間関係なく、美しいものを求めてくださる全国の皆様を心の支えに、
こんな乙女屋が今まで・・・・このスタイルで続けてくることができました。

大手の催事にでるお店だけがいいお店?
メディアになるお店だけがいいお店?
そんなことない、少しずつでもマイペースに活動しているいいお店はきっとまだまだある!
そして、そういうお店を、探してくれる方がきっといる!

いいお店、いい作家が育っていったり、継続できるのは、
必要としてくださるお客様がいらしてくださるからです。
お店側・作家側の自己満足だけでは、成立しません。

でも、お客様は、どうやってご自身の本当に好きな世界を見つけるのでしょう?

・・・・私の世代には、それでも今よりはあったのです。
美意識を大切に素敵なアンティークドールSHOPをしていらした華麗な!マダム!
とても声をかけることができないほどに・・・でも、プライド高く素晴らしいものを持っている骨董屋店主。

とても声をかけられなかった。
でも、その世界に憧れないではいられなかなった。
その世界のかけらくらいでも、せめて持ち帰りたくて、
もしくは・・・・生意気にも、あの完品のお人形には惹かれないけど、
あの寂しげでぼろなお人形の瞳が忘れられない・・・
わたしはああいうものを美しいと憧れる・・・なんて思っていた日々が。

でも、それは、さまざまに美しいものを、実際に見せていただく機会があったから、
探し物ではなく、検索して平面の画像で、画一化され、平均化され、
合理的に商業的になり下がったものではなく、
気高く、貴族的に、物が威厳を放って、お店としてあってくれたから、
・・・・知ることができたし、自分を見つけることができた。

でも、いまは、どうでしょう?
私の通っていた大好きなお店のほとんど・・・
お店がなくなってしまったり、WEBのみに移行されたり、しました。
わたしの好きなお店は、他のスタッフではできないセレクトの店主の美意識の店だったり、
ビジネスライクではない、お店が多かったので、難しかったのでしょう。
でも・・・・今思い出しても、あのお店たちは本当に素敵だった。
現役で残っている当時からやっているお店が継続していることはすごいことだけど、
継続しているから素晴らしくて、もうなくなったお店がそれ以下だったとは限らない。
素晴らしいお店でも・・・魅力の在り方によっては、残らないことが、魅力だったりもするのではないでしょうか。
だって・・・・形ある永遠はありませんから。
・・・・でも、形のない永遠は信じていますけれどもね。


乙女屋は、現在、作家作品をご好評いただいていますが、
同じくらい、私自身はやっぱりアンティークやビンテージが大好き!
物自体にも魅力を感じるけれども、それらが並んだ空間、店主の想い。。。。
お店に向かうまでの、不安と期待のどきどき・・・・。
一緒に宝物を悩む時間・・・・・関わる人の想いが、大切な宝物だと感じます。

野うさぎ企画スタートのきっかけ、
あの時にも、逃げ出そうとした私を励ましてくれた企画メンバー、
今も、わたしのできそこないを温かく許してくれる、
仲間、お客様・・・・・

数限りない皆様に支えられて、乙女屋は7周年を迎え、
2Fには蚤の市を開催し、お隣では桃源郷が営業します。

わたしにできることは。。。。。
一人でも多くの方が、ご自身の本当に好きなものにであってほしい。
偽物だらけのこの世の中で、本当のものを見つけてほしい。
アニバーサリーにご参加いただく作家さんも(発表が遅れていてすみません!)
2Fの出展者も・・・今の乙女屋が提案できる最高の、本物です。
これらに触れていただくことで、
訪れる方が、それぞれの自分の中の本当の大事なことを
再び確認したり、新しく発見したりしてもらえたらうれしいです。


画像がないうえ、長々偉そうにすみません!

様々に、いま、準備をしております。

11月1日~3日、ぜひ、大阪・中崎町に遊びにいらしてください。
お待ちしています!


今日はこの本をお求めいただき、幸せでした。
KIYONDOLL2


この本も、わたしにとっての奇跡のような本物です。

そのほかにもお求めいただきました皆様、
梱包してからのご連絡になりますので、もう少しお時間ください。
たくさん通販オーダーいただきうれしいです!
明日の午前中に必ず皆様にお返事いたしますので、
いましばらく、お待ちを!!!!


スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。