スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のSweet!

 03, 2015 21:25
20151003212221ffc.jpg

昨日(10/02) のりぼん。

201510032122193fd.jpg

本日(10/03)のりぼん。

乙女屋SweetRoom 営業の日は、
その日の気分をリボンで表現しています。

午後から暑いくらいのよいお天気だったので爽やかな水色をチョイス。

女のドレッサー周りのイメージに欠かせないのは香水。

2015100321280227b.jpg

古い硝子ならではの濁りが大好き。
装飾もラベルも、魅力的。

20151003212803a39.jpg

欠けているところやヒビもありません。
蓋も装飾のある硝子。

20151003212801a81.jpg

古い硝子への偏愛は、森茉莉さんの文章をいつも思い出します。
魔性を秘めた美しさを、表現していらして、何度も読み返しました。
この香水瓶 は、 1930年代 フランス Mury のアールデコ期のもの。
70年代にジャンシャルルブロッソーが香水を発表した時に、
このボトルを複製したことでコレクターが増えました。
複製物は、検索してもらうと画像が出てきますが、
たしかに複製ですが・・・・画像で見ただけで、まったく別物です。
デザインの細部の微妙な違いによるものもあると思いますが、
やはり、硝子の雰囲気の違いが大きいでしょうか・
この時代の硝子って、
硝子は硝子でも、いまと成分がなにもかも違う、のだそうです。
・・・本当にいい硝子だなぁ・・・・うっとり。

20151003212802483.jpg

年代も質も異なりますが、同じくフランスの香水。
vintageなので、使用は難しいですが、
鈴蘭の香水。
添えられた鈴蘭飾りも愛らしいです。

この2点は販売しています。
各3600円。
絵になる宝物です。
こーゆーの、やっぱり大好きです。
乙女屋別室 SweetRoomにて販売中。
遊びにいらしてくださいね。



乙女屋SweetRoom 営業日→10月の営業日



乙女屋別室 「SweetRoom」ってなあに?という方は
「乙女屋別室SweetRoomについて」


乙女屋Salonの営業は中旬以降に、贅沢な展示を予定中。
準備頑張ります!


※乙女屋店舗は現在、Salon と 別室SweetRoomと、
隣り合わせの小さな二つの空間で展開しています。

■ 地図 ■

jardinmap.gif

乙女屋Salon/Sweet Room は、地下鉄中崎町駅2番出口より徒歩約3分
〒530-0021 大阪市北区浮田2-7-9
電話 090-1915-9087

乙女屋Salon、乙女屋別室「Sweet Room」は、
空間は分かれていますが、同じ番地で扉も横並びに並んでいます。



通販は年中無休で営業中です。
■乙女屋通販■
http://otomeya.ocnk.net/



スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。