スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスアンティーク ボタンサンプラー

 15, 2015 20:16
151015san.jpg

乙女屋SweetRoomのために、
広島のアンティークショップ ラパンチュールさんが納品してくださいました。

ラパンチュールさんのセレクトの品々は、
どうして、こうも美しいのかしら・・・・!としみじみ感動。


151015san1.jpg

151015san2.jpg

ハンドペイントのボタン。
ペイント跡に、ぐっと魅せられます。
色もそれぞれ、素敵。


151015san3.jpg

マットな質感と、色が素敵。

151015san4.jpg

こちらはクリアな質感。
キレイな発色になりますね。
真ん中の凹凸の陰影も絵になります。


フランスの色の配色の見事さに、しばしうっとり・・・・。


「あれ、そういえばこの色合いって・・・・!」


151015tinatu.jpg


高橋千夏さんの薔薇のコサージュと似合いそう!と思って、
ディスプレイしてみました。

高橋千夏さんのこの薔薇のイメージは、
私の中で、1920年代とか30年代の
テロンとした素材の花柄のワンピースのイメージとどこか重なります。


長くなるので、千夏さんの作品は記事を分けますね!
(→「高橋千夏作 薔薇コサージュ」


この記事でご紹介したフランスアンティークのボタンサンプラー
乙女屋SweetRoomにて販売しています。
こちらに関しては、遠方の方への通販も対応します。
販売価格などは→乙女屋オカイモノカート/フランスアンティークボタンサンプラー



ひとつひとつのボタンも貴重なものです。
古い台紙も、時を経た風合いがとても美しく、
飾っていても絵になります。

古い物の魅力って、飽きないですね。




スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。